今回は、さまざまな文字列パターンを記述できる正規表現について学習をしていきましょう! 「正規表現で使う特殊文字の意味と使い方を学びたい」 「正規表現を使った具体的な活用方法が知りたい」 「正規表現メソッドの種類と使い分けってどうやるの? テキスト入力欄に対して、JavaScriptを使わずにHTMLだけで入力制限をする書き方から、JavaScriptを使って細かく入力チェックをする方法までを解説。メールアドレスや日付のように入力文字数や文字種を制限したいフォームでは、リアルタイムにエラー表示できると便利。 また、未入力チェックでは、『 jsTrim 』という文字列の前後の全角・半角スペースを削除する自作関数と 組み合わせて未入力チェックを行っています。 jsTrim に関しては70行目以降に記述しています。 Javascriptにおいて、文字列の中に、任意の文字(文字列)が含まれるかどうかをチェックする方法です。 文字列を含むかをチェックする関数: .indexOf() Javascriptにおいて、任意の文字列のマッチングを行うには、Stringオブジェクトのメソッドである、.indexOf() が利用できます。 Javascriptで特殊文字をHTMLに変換する (15) どの人がJavascript特殊文字をHTMLに変換するかを知っていHTMLか? 例: & (アンパサンド)は& ENT_NOQUOTESが設定されていない場合、 " (二重引用符)は"なります。 JavaScriptにおいて、文字列の中に特定の文字列が含まれているかどうかを調べる方法はいくつかあります。時々、どの方法が最適か知りたくなるときがあったので、今回はそれらの方法のおさらいと、それぞれの方法におけるベンチマークを取ってみます。 テキスト入力欄に対して、JavaScriptを使わずにHTMLだけで入力制限をする書き方から、JavaScriptを使って細かく入力チェックをする方法までを解説。メールアドレスや日付のように入力文字数や文字種を制限したいフォームでは、リアルタイムにエラー表示できると便利。 正規表現を使って文字チェックを行うサンプルです。 サンプルソース 例)正規表現パターンと一致判定を行う [crayon-5ed17a19cd233714722026/] (結果) 正規表現パターンに一致しています。 解説 正規表現記号については、以下にある記事「正規表現記号」欄をご覧ください。

特殊な文字の入力(エスケープシーケンス) 広告 文字を文字列を値として使用する場合、キーボードから入力できないような文字があります。 ... 前のページで記載した通り、JavaScriptで文字列の途中で改行することはできません。