iPhoneで使える「ショートカット」アプリの使い方を詳細な図入りで完全解説しています。どういうものか。設定から追加や削除、並べ替え、共有の方法など、必要な知識を網羅。使いこなして一歩先を行くiPhoneユーザーをめざしましょう! iPhone・iPadの「ショートカット」は、複数の操作やアプリを必要とする一連の作業を予め登録しておくことで、いつでも最短ワンタップで作業を自動化できる時短アプリです。「ショートカット」は「アクション」を追加・組み合わせることで作成することができます。 画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本) iPhone X、iPhone XS/XS MAX、iPhone XRでは、「上から下にスワイプ」することでコントロールセンターが出現するようになりました。 閉じるときは下から上にスワイプします。 また、画面の右上からスワイプする必要があるので注意しま … ホームボタン操作などを画面タッチで行う(AssistiveTouch) ホームボタンや音量などのボタン操作や複雑なタッチ操作などを、画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能(AssistiveTouch)についてご案内いたします。

iOS 13から標準アプリとなった「ショートカット」。本記事では、概要から使い方、ショートカットの作成やカスタマイズ方法、iOS13.1から搭載されたオートメーションの作成方法まで、実際に使えるショートカットを例に解説する。
コントロールセンターにテキストサイズのショートカットを追加 注意: この機能はiOS11のiPhoneとiPadで使用できる機能です。 バーションの古い方は先にアップデートを行ってください。 iOS13からのiPhoneアプリである「ショートカット」について、作り方や使い方などを簡単に分かりやすく解説します。ショートカットのレシピもいくつか載せているので、おすすめのレシピを知りたい方にも参考になるはずです。