Excelでよく使うショートカットキーを紹介します! 行選択のショートカットキー 行挿入のショートカットキー シート移動のショートカットキーショートカットキーを使うと何度も繰り返し使う作業は大幅に短縮することができます。今回は、Excelで Excel 2010 で行を挿入・削除する場合、マウス操作でもできるのですが、キーボードから手を離したくない時がありますよね。そんな時、ショートカットキーで「挿入・削除」ができると便利です。 行を選択していれば【行の挿入】、列を選択していれば【列の挿入】になります。 【セルの削除】は {Ctrl}+{-} で実行できます。 さて、Excel 2016では[セルの挿入]のヒントに Ctrl+Shift+= と表示されますが、これでは実行できませんでした…。表記ミスかな? エクセルで表を作っていると、途中に行や列を挿入しないといけない場合がよく出てきます。1行だけだったら普通にマウス右クリックでやれば事足りますが、複数行だとそれを繰り返すのはなかなか手間がかかりますよね。そこで、複数行、複数列を簡単に挿入でき ショートカットキーで、切り取った行を挿入したい 【Excel】 1.切り取りたい行を選択します。 切り取りたい行にセルを移動して、 「Shift」キーを押しながら「Space」キーを押します。 2.切り取ります。 こんにちは。カデルです。Excelの表で便利なところは、データの途中に行や列を 「挿入する」 「削除する」 ということが簡単にできることです。挿入・削除の操作は、使用頻度が高いので、ショートカットを覚えるとキーボードから手を放さずにできるの

Excelの小技の紹介です。 Excelで行を追加するときに、 行番号を右クリックして「挿入」をクリックする というのが一般的な操作方法になりますが、ショートカットキー操作でもできます。 ショートカットキーでの操作方法 行を選択(Shift+Space) excel2010を中心に「動画(flash)と詳細説明」で学習できるページです。excel2003に慣れた人もコマンド比較表で分かりやすく説明しています。このページはexcel2010 行の挿入 の機能を説明しています。