青森県南に住むママたちへ、乳幼児の衣服の調整の仕方アドバイスをお届けします。全国的には、季節の変わり目にする衣替え。でも、青森県南ではその常識は通じませんよ。では、季節の変わり目で衣服の調整をしないなら、どうやって乳幼児の衣服の調整をするの 気温や天気に応じて、衣服を調整したり、汗や汚れを拭いて清潔でいられることの気持ち良さを伝えていく。 自分で身の回りの支度をやる気持ちに共感し、子どもが自信をつけられるように促す。 寒さがさらに厳しくなる今日この頃。とはいえ、室内はとても暖かいこともあるので、子どもに何を着せたらよいか、悩んでしまいますよね。そこで今回は、真冬の子どもの衣服の調整の仕方、ポイントについて紹介します。 この間、子どもの体つきはどのような変化を見せるのでしょう。また衣服の形や寸法にはどのような工夫が必要でしょう。データをもとに考えて見ましょう。 子どもは2度の急増期を経て成人値に達する 身長を例に子どもの成長の様子を観察してみます。 子どもは大人と比べて十分な体温調節ができません。年齢が小さいほど言葉で伝えることはできないので、大人が気を付けて衣服の調節をしてあげることが必要です。 子どもの貧困かもしれない、保育のなかの気づき 保護者からの発言 衣服 子どもの状況 大きすぎたり、小さすぎたり、身体のサイズに合っていない服を着ている。 必要な服を購入することが困難で、サイズの合っていない服や靴を身に着けな ければならないのかもしれません。 子どもは体温調整が未熟. 1・体温調整機能を向上させる. 夏は暑く、冬は寒い。 これが日本の気候です。 しかし冬の寒い時期に 厚着 し過ぎると、 外気温の変化に対応ができなく体温調整をしずらい身体 になります。 衣服へのこだわりは「感覚過敏」と「単純なこだわり」によるものが考えられます。 衣服に固執している場合、場面や季節感にあった服装なら問題は無いですが、場面や季節感にあっていない場合だと周りから目に付く他、本人自身も熱かったり寒かったりと大変な思いをしてしまいます。