社会人であれば、契約書などで買い損じた時のマナーとしては、「 書き損じた部分を 二重線で消して、訂正印を押す。 そして、その上に正しい文字を記載 」と思い浮かぶでしょう。. 会社員などの給与所得者の方は、確定申告をする機会がほとんどないと思います。そのため、確定申告をするとなったらほとんどの方が税務署に行き、1時間以上並んで、少人数でやりくりしている職員さんを呼びながら、少しずつ申告書を作成していきます。 確定申告書aと確定申告書bの違いをまとめました。簡単に言うと、bが「全般的な確定申告書」で、aはその「簡易版」です。会社員はaでも確定申告ができますが、個人事業主はbを使わないと確定申告ができません。副業で個人事業を営む会社員もbを使います。 No.2026 確定申告を間違えたとき ; No.2026 確定申告を間違えたとき [平成31年4月1日現在法令等] 法定申告期限後に計算違いなど、申告内容の間違いに気が付いた場合は、次の方法で訂正してください。 (1 では、確定申告書の場合は、どうなのでしょうか。 今年も3月に面倒な確定申告を終え、ほっと一息。ところが、仕事が忙しくてバタバタと手続きしたこともあって、今になって申告額に間違いのあることに気がついた! そんな場合には、すぐに変更の手続きをとりましょう。申告額が少なかったら、放置するのは危険。 確定申告書を書き間違えた時の修正方法 訂正印はいらない.