あまり炊飯器のイメージがないメーカーさんかもしれませんが、今の高級炊飯器ブームを作り出したのは三菱といっても過言ではありません。 もう10年以上前になるのですが、炭をくりぬいて作った内釜を採用した10万円もする炊飯器を発売したのが三菱です。 格安な圧力炊飯器がないか探していた時に偶然炊飯器の内釜だけが販売されていることを知ったのです。 最初は社外品と思ったのですが、メーカーは製品生産終了後7年間は部品を持っているそうなのです。 クック 圧力名人だと、 玄米が【もちもち、ふっくら、芯までやわらか】 に炊き上がります。 実は内釜にかなりの理由がありました。 チタンとか、ダイヤモンドとか、11層構造とか。 クオリティ、高すぎ♡ 調理家電選びのプロ・コヤマ タカヒロさんと509人の取材調査データをもとに、最新人気炊飯器ベスト10を発表します。パナソニック、象印、タイガー、日立、東芝、三菱電機といった大手家電メーカーから、バーミキュラなどの保温非対応の炊飯器まで。 炊飯器選びの4つ目のポイントは内釜。炊飯器選びの一番重要なポイントです。あなたの好みに一番近い炊き上がりを目指しているメーカーのものを買うことが大事です。 炊飯器を買い換えました。 ご飯が炊けなくなったのではないのですが、内釜が剥がれて、焦げるというか硬くなるようになってしまいました。 炊飯器的にはまだまだ使えるけど、お弁当も作っているので、思い切って買い替えました。 以前 … 炊飯器10年、内釜3~5年と思って、はがれてきた場合は早めに買い変えましょう。 そうすることで、美味しいふっくらご飯を食べる事が出来ます。 炊き込みご飯も良くないのか~ 古い炊飯器で炊き込みご飯を炊いて、白ご飯用に新しい炊飯器を買おうかなあ。 「高いのがいいのはわかるけど、うちの予算は出しても3万円くらいまで。できれば2万円くらいだと助かるなぁ」 こんな方もたくさんいらっしゃると思います。 コストパフォーマンスの高いお買い得品や3万円までの人気の商品を紹介・解説をしたいと思います。