浄土真宗のお経は正信偈だけではありません。お経(南無阿弥陀など)の意味や般若心経を使わない理由、お経を歌う理由、おすすめのお経アプリや本、cdなど解説しました ...浄土真宗特集の目次はこちら … 浄土真宗のお経・浄土三部経とは? 浄土真宗では、どんなお経を読まれるのでしょうか? 親鸞聖人は、お釈迦さまの説かれた一切経七千余巻の中で最も重要なお経を3つ教えられています。 それはどんなお経なのでしょうか? 浄土真宗のお経ではないお経. ⇒ 「浄土真宗 お経 本 特集」 Yahoo!ショッピングで売れ筋商品を探す 1件〜30件 (全 119 件) 表示件数: 10件ずつ 20件ずつ 30件ずつ 50件ずつ 100件ずつ 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 浄土真宗 本願寺派のお経 お西わが家の宗教を知るシリーズ 作者 早島大英 販売会社 双葉社/ 発売年月日 1999/07/08 jan 9784575289831 ご入札する前にご確認いただきたいこと 浄土真宗本願寺派 勤式集 『浄土真宗本願寺派 勤式集』(b6判・上下二巻)は、「聲明集・往生禮讃偈・御文章」の中から利用頻度の高いものを選出し、また、年忌法要としての「佛事勤行(阿彌陀經)」および日常勤行での「正信偈・和讃」を併せて編集、刊行した勤式必須の書。 浄土真宗の永代経についてです。永代経とはどういう意味のお参りなのか?永代供養とはどう違うのか?混同されてしまう理由は?気になるお布施(懇志)の金額も現地からレポートします 浄土真宗のお経として知られているものとして、『正信偈(正信念仏偈;しょうしんねんぶつげ)』『領解文(りょうげもん)』などがあります。 『正信偈』は親鸞聖人、『領解文』は親鸞聖人の子孫蓮如が書いたものです。 非常にわかりやすく浄土真宗の永代経の意味を示されています。 「永代」とは、「永き代」ですので「いつまでも」という意味です。 「聞法会」とは、「法を聞く集まり」ということです。 「法」は浄土真宗というおみのり。