進行癌、末期癌で余命数か月といわれてもあきらめてはいけない。 世の中には余命数ヶ月でも改善した人はいる。 癌はなぜできて、どうすれば改善するか。 改善した人は改善していない人にくらべて何が … 末期の肺がん、最後の一週間は何も出来なかった,肺腺がんと闘病した1年間、順調に見えて壮絶だった母が永眠。残された半身麻痺で要介護の父も食道癌で他界。毎日思いのままに語っているブログです。 ステージは4b末期 余命は1年の宣告を受ける。 膵臓がんの現実は大変厳しいものがある。進行がはやく転移しやすい。 このため5年生存率は最悪。 特に手術ができない患者は1年以内に 85パーセントが死亡するというデータもある。 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。 父はショックを受けていました。 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれま ブログのタイトル通り、ご主人が膵臓癌を発症し、その闘病記を綴っている家族目線で描かれたブログです。 ご主人の膵臓癌はステージ3。 ステージ3とは末期手前で合併症や転移なども見られるような状況ですが、手術を受け、現在は化学療法を実施中とのことです。 #末期癌に関する一般一般の人気記事です。'|'信頼できる癌ブログ'|'不思議な宇宙のサポートの波に乗る方法だよ〜'|'肝臓に転移'|'横浜流星君に抱かれたら死んでもいい〜下ネタが多いとん吉'|'メンタルの難しさ