ダジャレと言えば、同じ読み方、あるいは似ている単語を並べる言葉遊び。しかしそのダジャレのなかでも、究極で完全なダジャレを追求している人がいます。 その人はにぅまさん。にぅまさんの作るダジャレは、「同じ文字列を2回繰り返す」だけで文章の意味が通じてしまうんです! 例えば、上手という漢字は「うわて」とも読めるし「じょうず」とも読めます。市場という漢字は「いちば」とも読めるし「しじょう」とも読めます。どうして同じ漢字なのに複数の読み方があるのでしょうか?これでは漢字を読む時に、どちら 日本語には同じ漢字でも違う読み方をする場合がありますが、英語にもありますか? 更新日時:2015/11/28 回答数:2 閲覧数:16 同じ 読み 方で、 違う 漢字 を使うようになったのはなぜですか? 同じ読み方でも、意味の違う言葉が日本語には、たくさんあります。たとえば「かみ」 kamiこれを漢字で書くことにより、意味が通じます。髪 紙 神 噛み 「い… 1学期 4月 漢字 読み・筆順・画数・部首 1学期 5月 いろいろな言葉の意味 1学期 6月 訓が同じで意味のちがう漢字 最終更新日2015年10月19日 ー音訳の部屋へ戻るー 始めに 記号の読み方をまとめました。資料は全国視覚障害者情報提供施設協会編集の「音訳マニュアル」を中心に、図書館からの資料、専門webを参考に … 漢字も読みも同じで、異なる複数の意味を持つ日本語たとえば英語で「will」は、未来を表す助動詞と、「意志」という名詞の2つの意味があります。日本語で、漢字も読みも同じなのに、使い方次第でまったく異なる意味をもつ言葉、ありますか?できれば文例を含めて教えてください。