悪心・嘔吐は抗がん剤の24時間以内に出現する超急性副作用です。その他、遅発性や予測性などがあります。その機序には、抗がん剤による小腸と第4脳室刺激から延髄への入力が原因とされています。その対策にはステロイドと制吐剤を併用した制吐療法が行われます。

いよいよ抗がん剤の治療が始まります。 抗がん剤による吐き気は患者にとって苦痛であり、治療効果にも大きな影響を与えます。制吐薬は嘔吐中枢より手前で抑えることで吐き気を抑えていきます。

吐き気や嘔吐は、がん(癌)治療による副作用のなかでも代表的な症状です。原因としてよく知られているのが抗がん剤(化学療法や分子標的薬)による治療です。放射線治療によって吐き気・嘔吐が生じることもあります。<がんを学ぶ ファイザー株式会社> がん細胞が抗がん剤耐性になるメカニズムの発見 1.発表者: 山田 俊理(明治薬科大学 日本学術振興会特別研究員(pd)) 今町 直登(研究当時:東京大学アイソトープ総合センター 大学院生) 喉に管を通した時に嘔吐をしてしまい、嘔吐物が逆流し肺に入りかけたと。そんなことになっては本当に危険です。ですがなんとか肺に入ってしまう前に止まり、無事だったのです。 抗がん剤の治療開始.