名古屋市の子宮がん検診を受診できるのは2年度に1回です。令和元年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)に受診された方は、令和2年度は本市の子宮がん検診を受診することはできません。

【日本最大級】愛知県子宮頸がん・子宮体がん検診の予約ができる医療機関が掲載中。ランキングや予約の多い検査コースも見ることができます。人間ドック・各種がん検診の予約はリクルートが提供する「人間ドックのここカラダ」で。Pontaポイントもたまる・つかえる。 子宮頸がんは、粘膜表面にとどまる上皮内がんと、粘膜より深くひろがる浸潤がんからなります。上皮内がんを含めた子宮頸がんの発生率は、50歳以上の中高年層ではこの20年間で順調に減ってきていますが、逆に20~24歳では約2倍に、25~29歳では3~4倍に増加しています。 子宮体がん検診について 以前から行われている子宮がん検診と言えば子宮頸がんに対する検診で、子宮頸部から細胞を採取して顕微鏡で検査する、子宮頸部細胞診のことです。(頸がんのページを参照)。

愛知県・女医のいる・婦人科検診(子宮がん検診,乳がん検診など)/レディースドックが受けられる病院-病院・医院・薬局情報 マーソなら【tポイント】が貯まる・使える!掲載施設数no.1愛知県の子宮がん検診を受診できる医療施設を探すなら人間ドックのマーソへ。総計32施設を掲載中。予約数順、検査コース、受診希望日、費用条件から受診できる施設・料金プランを確認できます。 ・q1:子宮がん検診にはどのようなものがありますか。 →a1:子宮がんには発生部によって、子宮頸がんと子宮体がんがあります。現在、子宮がん検診は20歳以上の女性を対象とした頸がん検診と対象を絞り込んだ体がん検診との2種類が行なわれています。