60w相当led電球がついに150円(税別)で登場!実用性は?長時間の使用には懸念も… 価格破壊 100均ショップダイソーに行った時、60w相当のled電球が驚きの価格で販売されているのを見つけました。 先日買ってきたダイソーのled電球ですが、少々買いすぎた感があるので、ac100v用のコレをdc12v用に改造して使おうと考えました。この電球のイイ所は安いだけではなく、全長が短く、根元が明るいこともポイントです。dc12v型led電球とは 100均のusb式電球型ledライトを調光式に改造してみた 【重要】 はじめに、本記事は既製品の分解や改造を推奨するものではありません。 あくまで個人的な趣味としての分解改造であり、専門的な知識に基づいたものではございません。 ダイソーでは通常のled電球の展開が非常に幅広く、電球色、昼光色がそろっているのはもちろんのこと、形もw数も多様な展開がありました。 価格は300円ほどするものもありますが、公称寿命数万時間ということでコスパは最高です。 白熱球2個とled電球1個を無料交換するという東京都のプランが話題になってますね。たしかに価格の高さがled電球の普及促進のネックになっているとは思いますが、100円ショップのダイソーなら1個300円〜で買えたりもします。相場は1個1,000円以上。 ダイソー100円led電球発売!! 関連製品の記事. このところled電球いじりが続いていますが、今回もその流れでスイマセン。12vled電球で上手く行ったsmd並べ替えを、ダイソーの40w形led電球でもやってみました。電球色、昼光色2つのledチップを混ぜて、中間の温白色の電球を作りたいと DAISOの新LED電球(60W)150円を分解 回路図. 100円ショップのled電球・蛍光灯の分解記事はこちら 100円ショップ その他の分解記事はこちら 分解・改造