監督 アルフレッド・ヒッチコック. サイコの映画情報。2994件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報、サイコの動画を配信している動画配信サービスの情報。アルフレッド・ヒッチコック監督、アンソニー・パーキン … サイコ alfred hitchcock's psycho♥大金を見て魔が差した女性は金を盗って密会をする男の元へ。途中でモーテルに着く。そこの主人は精神を病んでいる男で女の身に魔の手が迫る。母親への依存性つまりはマザコン性ってのも怖い怖いアンソニー・パーキンスなのである。あらすじ・ネタバレ

映画「サイコ」との終着点の違い. 映画会社のミーティングで候補としてリメイク作品があって“どうせなら「サイコ」”と言ったら、会社から“セリフもショットも変えないなら”って事でokが出たそうだ。この「“サイコ”への道」は後で別ページに書きたいと思うが非常に興味深い内容だ。 まずは『サイコ』を語らないと駄目でしょう。 ずいぶん昔に観たのですが、 はっきり覚えていなくて.

今回観直してみて. この映画が素晴らしいのは、サイコスリラーの世界初の作品という映画史的な価値だけではなく、その脚本の見事さにある。 最近のどんでん返しの作品では2度目を見ると、どこか矛盾や映画的なゴマカシが目に付くものだが、この作品はそれが一切ない。 サイコ あらすじ(ストーリー解説) 映画『サイコ』のあらすじを紹介します。 アリゾナ州、フェニックス。不動産屋に勤めるマリオン(ジャネット・リー)は、昼休みに恋人のサム(ジョン・ギャビィン)と密会を重ねていた。 映画「サイコ」を観てからベイツモーテルを見た人は終着点が違う事にみんな疑問に思ったと思います。 「サイコ」ではもちろんノーマンは生きています。 でもノーマは死んでいて、ベイツ家には死体として家にはいます。 映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。 | 運だぜ!アート 41 users undazeart.com 透明人間からの襲撃という恐怖を描いたサイコスリラー映画「透明人間」が公開となります。 エリザベス・モスが主演を務め、「ソウ」シリーズを手掛けたリー・ワネルが監督を務めました。 あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見ど この作品がエポックメイキングだろう。 <あらすじ> 映画『サイコ (1960年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「サスペンス映画の神様」ヒッチコック映画最大のヒット作!恐怖は永遠なり。 | 運だぜ!アート 41 users undazeart.com psycho . 4.41 点 / 評価:698件.

星のみの点数は、映画公開後に反映されます。 みたいムービー 235; みたログ 2,676 サイコ (1960). 透明人間からの襲撃という恐怖を描いたサイコスリラー映画「透明人間」が公開となります。 エリザベス・モスが主演を務め、「ソウ」シリーズを手掛けたリー・ワネルが監督を務めました。 あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見ど 映画『サイコ』のネタバレあらすじ結末と感想。サイコの紹介:1960年アメリカ映画。行方不明となった姉を探してたどり着いたベイツ・モーテルで、妹が遭遇した恐怖の真実とは。サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックによる斬新な仕掛けが恐怖を煽る。 後の作品に. すごく影響を与えているなと感じた。 ネタも.