中身が十分確認できる程度のもので、無色透明か白色半透明のものであれば、ごみ袋として使えます。 生ごみなどを衛生的に排出するときや、少量のごみを出すときの「小袋」として利用できます。 埼玉県にある、さいたま市・川口市・川越市・所沢市・越谷市・草加市のごみ処分方法、ごみ分別方法について、各市ごとにご紹介します。環境とスムーズなごみ処理のため、居住地域のごみ処分ルールをしっかり把握しておきましょう。

市が指定するごみ袋の種類 可燃ごみ どの袋も、平型で、何も印刷されていないもの。 乳白色(白色)の半透明 大・中・小の3種類 大 45リットル用(650mm×800mm×0.03mm以上) 中 30リットル用(500mm×700mm×0.025mm以上) 横浜市では、平成12年2月から、家庭ごみ等は「中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋」で出していただいており、半透明のものであれば、レジ袋にごみを入れて出していただいてもかまいませ … アスクル 半透明ゴミ袋スタンダードタイプ 再生原料入 45l 1パック(30枚入) 再生原料40%使用のオリジナルゴミ袋で中身が見えすぎない、半透明タイプ。パッケージは北欧デザイン。 ゴミ袋 の通販ならlohaco(ロハコ)で!アスクル の商品をはじめ、ゴミ袋(半透明)、ゴミ袋(透明)、ポリ袋・opp袋などのカテゴリーから、2999件の商品をお探し頂けます。lohaco発送の商品は、最短翌日お届け。tポイントが使える、貯まる。アスクル個人向け日用品ショッピングサイトです。 更に、平成24年5月に策定した「城陽市ごみ処理基本計画」の基本方針の一つにごみの発生抑制・減量化を定め、無色透明・白色半透明袋の使用など市民のみなさんと協働で取り組みを進めるとしていることを踏まえ、取り組みを実施しております。